カテゴリ:西洋野菜料理( 2 )

フェンネルとせとかのサラダ

c0352095_15560529.jpg
フェンネルの優しい甘味と香り、シャキシャキの食感を楽しむサラダです。
3月から甘味が増した露地物のせとかが入荷しているので、今回の柑橘はせとかを合わせてみました。
オレンジ、グレープフルーツなどでも美味しくできます。


【フェンネルとせとかのサラダ】
フェンネル1/2株
せとか 小さめ 2個
良質なオリーブオイル 大さじ1
レモン果汁 大さじ1
メープルシロップ 小さじ1
塩 ひとつまみ

1、せとかは頭とお尻を切り落とし、皮を包丁で削ぐように切り落としたら一房サイズにカットする。
2、オリーブオイル大さじ1、レモンの果汁大さじ1、メープルシロップ小さじ1、塩ひとつまみをボウルにいれて泡立器でよく混ぜ合わせたら、ブラッドオレンジを加えざっと和えて冷蔵庫で最低20分ほどマリネする。
3、フェンネルは薄くスライスしさっと水にさらして、水気をしっかりふきとる。
4、器にフェンネルを盛りつけ、せとかのマリネを載せる。
5、あればフェンネルの葉をあしらう。






[PR]
by ryokokotani | 2015-03-20 17:04 | 西洋野菜料理

プンタレッラのアンチョビドレッシングサラダ

c0352095_15532764.jpg
イタリア、ローマで春を告げる野菜【プンタレッラ】が3月になり入荷がはじまりました!
プンタレッラはチコリの仲間で、花芽を食べる野菜です。葉っぱの部分は固く苦味が強いので、あまり食べないようです。
花芽は柔らかくサクサクしており苦味も柔らかく春先の苦味が美味しく感じられる季節にとても美味しく感じます。


ちなみにこの葉の部分、なんとか美味しく食べられないかといつもチャレンジしているのですが、なかなか難しく今の所コレといった食べ方を見いだせずにいます・・・

食べ方は葉をとり、花芽を小分けにします。
c0352095_15534800.jpg
これを手または包丁で細く裂いていき、裂いたそばから水につけていきます。
c0352095_15533707.jpg
水に2時間ほど漬けて苦味を抜きます。こうするとクルンとまるまってサラダに盛りつけたときにプンタレッラ独特の見た目になります♪


水気を切って、キッチンペーパーなどで余計な水分を切り、アンチョビのドレッシングと合わせます。
c0352095_15535936.jpg
いろいろ試してみましたが、ドレッシングに使うオリーブオイルは早摘みのものよりも円熟したものを使うのがおすすめです!またレモン汁よりは白ワインビネガーがおすすめです。プンタレッラのほど良い苦味が引き立ちます。

【プンタレッラのアンチョビドレッシングのサラダ 4人分】
1、プンタレッラ1/2株は上記のように下処理をする。
2、アンチョビフィレ2本はキッチンペーパーで余分な油をふきとりみじん切りにする。
3、白ワインビネガー小さじ2、オリーブオイル大さじ4、アンチョビフィレ4本、ニンニクの超微塵切り1かけ、塩3つまみをボウルでよく混ぜ合わせる。
4、水気をしっかりふきとったプンタレッラをボウルにいれて良く和えて、器に盛りホワイトペッパーをお好みでかける。
※4ですこし時間を置いてドレッシングとなじませてしんなりさせて食べるのも美味しいです。






[PR]
by ryokokotani | 2015-03-19 16:03 | 西洋野菜料理


京都市北区で生産者直送の個性豊かな野菜を販売する八百屋を夫婦で営んでいます。野菜料理の楽しさをお伝えするレシピブログです。


by ryokokotani

プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新の記事

出産のご報告としばらくブログ..
at 2015-06-27 11:35
初夏のオープンサンド
at 2015-05-07 23:32
えんどう豆とじゃがいものペースト
at 2015-04-15 18:23
ハイビスカスとエルダーフラワ..
at 2015-03-20 17:07
新玉ねぎとふきみそのチーズク..
at 2015-03-20 17:06

カテゴリ

全体
サラダ
じゃがいも料理
玉ねぎ料理
パスタ料理
果物料理
スープ料理
豆料理
西洋野菜料理
山野草料理
その他
未分類

ブログパーツ

ブログジャンル

料理・レシピ

以前の記事

2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月

検索

タグ

(4)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

画像一覧