出産のご報告としばらくブログ休止のご案内

6月20日に元気な男の子を出産致しました。

そのため、しばらくはレシピブログの更新をお休みさせていただきます。

また、落ち着いたら再開したいと思っております。
その際はどうぞ宜しくお願いいたします。


やおやワンドロップ 小谷遼子

[PR]
# by ryokokotani | 2015-06-27 11:35

初夏のオープンサンド

c0352095_23033216.jpg
4月29日にkitさんの1Fにて行われたエディブルフラワーで花のクリスタリゼを作るワークショップにてお出ししたオープンサンドをレシピ化致しました。

初夏にぴったりのレシピです♪
是非参考にしていただければ幸いです。

c0352095_23041416.jpg
【レシピ以外で用意したもの】
フリルレタス、クレソン、ベビーリーフなどの葉物
さやいんげんの茹でたもの
新たまねぎのスライス ※水でさっとさらして水気をきっておく
ミニトマトのスライス
きゅうりのスライス
ゆで卵
アボカドのスライス ※レモン汁をかけておく
ハム、市販の味のついたチキン
パン


【人参のマスタードピクルス】
人参 2本 千切り ※約250g程度

ピクルス液
水200cc
米酢200cc
砂糖大さじ4
塩小さじ1/2
粒マスタード大さじ1

1、人参2本は千切りにして保存容器に入れる。
2、2、ピクルス液の材料を小鍋にいれて弱火にかけ砂糖が溶けたら火をとめ、1に流し入れる。
3、粗熱がとれたら蓋をして冷蔵庫で保存する。※1週間ほど持ちます。

☆おすすめの食べ方
【春キャベツのコールスロー】と合わせてパンに載せると美味しい!お好みでサラダチキンを加えても♪


【パプリカのピクルス】
赤と黄色のパプリカ 各種 1個ずつ ※レシピの分量では小ぶりのものを使用

ピクルス液
水200cc
米酢200cc
砂糖大さじ4
塩小さじ1/2
粒こしょう 適量
ローリエ1枚

1、パプリカは種をきれいに取りのぞき、約1cm×3cmの大きさに切りそろえ、保存容器にいれる。
2、ピクルス液の材料を小鍋にいれて弱火にかけ砂糖が溶けたら火をとめ、1に流し入れる。
3、粗熱がとれたら蓋をして冷蔵庫で保存する。※1週間ほど持ちます。

☆おすすめの食べ方
パプリカのピクルスを微塵切りにしてオープンサンドのトッピングにすると彩りも美しく、味のアクセントにもなるのでおすすめ!
【焼き茄子のマリネディップ】のトッピングや【アンチョビとパセリのバター】にお好みの野菜やハムをのせ、トッピングにすると美味しい!

【春キャベツのコールスロー】
春キャベツ1/2個 千切り
塩小さじ1/2
米酢大さじ2
マヨネーズ 適量

1、春キャベツの千切りに塩をよくもみ込み米酢大さじ2をくわえて全体になじませ30分ほど置く。
2、水気を切ってマヨネーズで和える。
※水気を切った状態で保存容器に入れ冷蔵庫で2日ほど持ちます。食べる直前にマヨネーズで和えて下さい。

☆おすすめの食べ方
オープンサンドならどんな具材にでも合います!自由自在な組み合わせを楽しんでください♪


c0352095_23035737.jpg

【焼き茄子のマリネディップ】
なす 大きめ 4本 ※レシピでは大阪なすを使用
にんにく 1かけ
塩小さじ1/2
ブラックペッパー
レモン汁小さじ1強
オリーブオイル小さじ2
パセリ 適量

1、なすは竹串でお尻に一カ所穴を開け(爆発を防ぐため)、1000Wのオーブントースターで15分焼く。
※10分経ったらなすを90度回転させて焼けていない面を上下にくるようにして5分焼く。

2、粗熱がとれたらヘタを落とし皮をむき、微塵切りにする。
3、ボウルに焼き茄子の微塵切り、にんにくのすりおろし、塩、ブラックペッパー、レモン汁、オリーブオイルを加えてよく和える。
4、仕上げにパセリの刻だものを載せる。
※冷蔵庫で2〜3日持ちます。

☆おすすめの食べ方
パプリカのピクルス、人参のピクルス、アボカドのスライス、いんげん、ミニトマト、オニオンスライスなどと相性抜群です。


【ディルとヨーグルト、カッテージチーズのディップ】
ヨーグルト 100g
フレンチマスタード小さじ1
カッテージチーズ100g
サワークリーム大さじ2
にんにくの微塵切り 1かけ
塩 少々
ホワイトペッパー
ディルの刻んだもの 大さじ3〜4

1、まず最初にヨーグルトとフレンチマスタードを合わせておき、そこにカッテージチーズ、サワークリームを加えてよく混ぜ合わせる。
2、その他の材料を加えてよく混ぜ合わせる。
※冷蔵庫で2〜3日持ちます。

☆おすすめの食べ方
アボカド、きゅうり、卵、【春キャベツのコールスロー】【えんどう豆のディップ】と相性抜群です。

【アンチョビとパセリのバター】
バター 100g
アンチョビフィレ 5枚
パセリの葉の微塵切り大さじ2
にんにくの微塵切り1かけ
サワークリーム大さじ1
レモン汁小さじ1〜2
ホワイトペッパー 適量

1、バターは常温に戻し柔らかくしておく。
2、アンチョビはフォークなどでつぶす。
3、全ての材料を混ぜ合わせる。
※冷蔵庫で3〜4日ほど持ちます。ラップにきっちりくるんで冷凍し、使いたい分だけ切り分けるのがおすすめ。

☆おすすめの食べ方
いんげん、ゆでたまご、オニオンスライス、ミニトマト、葉物類など野菜ならなんでもピッタリ〜♪とっても便利なバターです。


【えんどう豆のディップ】
えんどう豆200g入り 1P
じゃが芋 1個
小夏、またはグレープフルーツ果汁大さじ3
バター大さじ1
塩少々
オリーブオイル 適量
ホワイトペッパー 適量

1、じゃがいもは皮をむき1cm角に切り、ひたひたの水で煮る。
2、じゃが芋が柔らかくなったらさやから出したえんどう豆を加えて、水をひたひたまで足し、塩を適量加え柔らかくなるまで5分弱煮る。
3、水分が少し残った状態ですり鉢等にあけ、すりこぎでじゃが芋とえんどう豆をつぶす。※この間に水分は蒸発していきます。
4、小夏、またはグレープフルーツの果汁、バター、塩で味を整える。
5、仕上げにオリーブオイル、ホワイトペッパーをかける。

☆おすすめの食べ方
アボカド、きゅうり、ゆで卵、ハム、オニオンスライス、【春キャベツのコールスロー】などとどうぞ!

※こちらのえんどう豆のディップのレシピはえんどう豆の分量を多くし、なめらかな食感にコクをプラスしたものです。以前作ったレシピでじゃが芋のホクホク感と優しいえんどう豆の風味が楽しめるえんどう豆とじゃがいもとペーストのレシピもございます。合わせてどうぞ!


c0352095_23042674.jpg




 













[PR]
# by ryokokotani | 2015-05-07 23:32 | その他

えんどう豆とじゃがいものペースト

c0352095_17534220.jpg
色鮮やかな春の味覚、うすいえんどう(えんどう豆)とフレッシュな美味しさの新じゃがをペーストにしました。パンに塗ってオープンサンドにどうぞ。
春〜初夏のピクニックにもぴったりです!
シンプルな味付けにしえて、えんどう豆の風味を引き立てます。

【えんどう豆とじゃがいものペースト】

新じゃがいも (鹿児島産 にしゆたか使用) 中くらい 2個 200g〜250g
えんどう豆 さや付き200g入り 1パック
オリーブオイル(加熱用) 大さじ1
塩 3つまみ
水 200cc
ベジタブルスープブイヨン 1/2個

ホワイトペッパー たっぷりめ
良質なオリーブオイル(生食用) たっぷりめ
※オリーブオイルはイタリア産【プエッラ】を使用。えんどう豆の繊細な風味を持つオリーブオイルでじゃが芋との相性抜群です。

1、じゃがいもは皮をむき、4等分してから1cmの厚みに切る。
2、加熱用のオリーブオイル大さじ1を厚手の鍋に入れて熱し、じゃが芋を中弱火で焼き目がつかないよう炒めていく。途中塩を3つまみ加える。
3、水200ccを加え、ベジタブルスープブイヨン1/2個を加え、蓋をして、クツクツ中火でじゃが芋が柔らかくなるまで加熱する。途中水がなくなって焦げ付かないよう注意しながら火加減を調節する。
4、じゃが芋が柔らかくなったら、さやから出したえんどう豆を鍋に加える。その時、水分がじゃがいもに対してひたひたの状態であればそのまま、もしそれより少なくなっていればひたひたになるまで水をたし、再び蓋をして5分〜10分弱加熱する。
5、ときどき蓋を開けて焦げ付いていないか確認しながら、木べらで混ぜながら水分がなくなるまで煮詰める。味見をして、塩気が足りなければここで塩を足して調節してください。
6、すり鉢などに移して、すりこぎで豆とじゃが芋をつぶす。
7、容器に入れて、荒めに挽いたホワイトペッパー、生食用の質の良いオリーブオイルをたらす。

※タッパーなどで冷蔵庫で3日ほど保存できます。
※水と牛乳で伸ばしてポタージュスープや新玉ねぎの塩揉みやきゅうりの塩揉みとマヨネーズで和えてポテトサラダにアレンジも可能です。

c0352095_17535520.jpg

【えんどう豆とじゃがいものペースト】はバゲットやライ麦パンに塗って食べるのがおすすめ!
今回はピタパンを焼いたのでオリーブオイルでソテーした茄子と一緒にサンドしました。こちらも美味しかったです♪ぜひお試しくださいね。







[PR]
# by ryokokotani | 2015-04-15 18:23 | 豆料理

ハイビスカスとエルダーフラワーシロップの苺パンチ

c0352095_15552203.jpg

3月は苺が真っ盛りの季節ですね!
甘酸っぱいハイビスカスティーと華やかな香りと爽やかな味わいのエルダーフラワーコーディアルのシロップで簡単苺パンチを作ってみました。

エルダーフラワーは花粉症や風邪、インフルエンザに効くハーブとしてヨーロッパでは古くからコーディアルとして飲用されています。またハイビスカスティーはクエン酸、ビタミンCが豊富で美肌効果、疲労回復、むくみ防止などに効果的なハーブティーです。

それらのハーブの効用といちごのビタミンCとで体が元気になれる美味しいデザートです♪

c0352095_15564319.jpg

【ハイビスカスとエルダーフラワーシロップの苺パンチ 4人分】
ハイビスカスティー大さじ1
水 250cc
苺 1パック
市販のエルダーフラワーコーディアル 50cc
スペアミント 適量
炭酸水(無香料、無糖のもの)

1、ハイビスカスティー大さじ1と水250ccは小鍋にいれて煮立たせる。沸騰したら弱火にして2〜3分煮出したらそのまま冷めるまで置いておく。冷めたらハイビスカスのガラを取り除く。
2、1にエルダーフラワーコーディアル50ccを足してシロップを作る。
3、苺は洗って水気をふき、ヘタを取って縦半分に切る。
4、シロップに苺とスペアミント4〜5本を漬けて1時間ほど冷蔵庫で味をなじませる。
6、器に4等分して、食べる直前にシロップと同量程度の炭酸水を注ぐ。

※パーティーやお祝いの席などでは、炭酸水を冷やしたスパークリングワインにしても♪









[PR]
# by ryokokotani | 2015-03-20 17:07 | 果物料理

新玉ねぎとふきみそのチーズクリームパスタ

※写真は後ほど掲載予定です。

早春の味覚、ふきのとうでつくったふきみそを使ったパスタです。
ふきのとうのほろ苦さがパルミジャーノチーズを加えたクリームソースととてもよく合います。
ソースが絡むようにペンネやフリッジなどのショートパスタがおすすめですが、普通のスパゲッティでも美味しく出来ます。
出始めたシャキシャキで水みずしい新玉ねぎを加えて食感のアクセントにしました♪


【新玉ねぎとふきみそのチーズクリームパスタ 2人分】
新玉ねぎ 大きめ 1/4個
パスタ(フリッジやペンネなどソースが絡むものがおすすめ) 180g
塩(パスタの茹で汁用) 大さじ1
ふきみそ 大さじ2程
牛乳 200cc程
パルミジャーノチーズ 40g程
バター大さじ1/2
オリーブオイル炒め用 大さじ1/2
オリーブオイル仕上げ用 大さじ1/2
ブラックペッパー
塩 少々

1、新玉ねぎは粗みじん切りにし、オリーブオイルとバターを加えたフライパンで強めの中火でさっと炒める。
2、フライパンにふきみそ大さじ2、牛乳200cc、パルミジャーノチーズの半量をよく混ぜ合わせる。
3、パスタを表示時間通りに茹でる。
4、フライパンにを火をかけ煮詰めていく。
5、ソースにパスタの茹で汁をお玉1杯分加えて味を整える。このとき塩が必要であれば加える。
6、ゆであがったパスタをソースに加え、よく絡めて残りのパルミジャーノチーズ、仕上げ用のオリーブオイルを加えてよくかき混ぜる。
7、ブラックペッパーをたっぷりかけて頂く。



[PR]
# by ryokokotani | 2015-03-20 17:06 | パスタ料理

空豆入りポテトコロッケ ハーブ入りタルタルソースがけ

c0352095_15561964.jpg

春の味覚、空豆はじゃが芋と相性がよくコロッケの他、ポテトサラダにしたり炊き合わせにしたり、クリームシチューにしても美味しいです。ぜひ、じゃがいもと合わせて空豆を楽しんでください♪

まだ新じゃがが出始めていない今時期、今回は北海道産の越冬したじゃが芋を3種類を使いました。
越冬したじゃが芋はでんぷん質が糖化されているため、ホクホク感があまりなくねっとりとした食感になります。
甘味を増してコクのある【とうや】をベースに越冬してもホクホクした食感の【インカの目覚め】を加え、クリーミーな食感の【はるか】も少し混ぜて食感のバランスをとっています。

新じゃがが出始めたら、1種類でフレッシュなじゃが芋を楽しむのもおすすめです。

【空豆入りポテトコロッケ 10〜15個分】
空豆 1パック
じゃがいも 中サイズ 5個ほど
玉ねぎ 中サイズ 1/4個
菜種油 大さじ1/2
塩 適量
こしょう 適量

薄力粉 1/2カップ
水 約 1/2カップ弱
パン粉 適量

揚げ油

【ハーブ入りタルタルソース】
マヨネーズ 大さじ5
ピクルスの微塵切り 大さじ2
ゆで卵の微塵切り 1個分
玉ねぎの微塵切り水にさっとさらして水気をしっかりふきとったもの 1/4個分
ケイパーの酢漬け刻んだ物 小さじ1
レモン汁 小さじ1
パセリ微塵切り 大さじ1程
ディル微塵切り 大さじ1程
塩、こしょう 適量

1、じゃが芋は熱湯で20分〜30分竹串がすっとささるまで中火で加熱する。弱火だとより時間がかかりねっとりした食感になります。また強火だと割れて崩れてしまうので注意してください。
2、玉ねぎの微塵切りは菜種油大さじ1/2でしんなりなるまで炒めて塩こしょうで下味をつける。
3、空豆はさやから出して熱湯で2〜3分茹で、薄皮をむき、ボウルなどにいれてすりこぎでつぶす。
4、茹でたじゃが芋の皮をむき、すりこぎでつぶしたら、空豆のつぶしたもの、玉ねぎを入れて良く混ぜ合わせ塩を少々ふる。
5、4をピンポン球サイズほどにまるめたら、ホットケーキの生地ぐらいのゆるさの水溶き小麦粉、パン粉をつけて油できつね色になるまで揚げる。
6、タルタルソースの材料を全てボウルに入れて混ぜ合わせたものを添えていただく。






[PR]
# by ryokokotani | 2015-03-20 17:05 | じゃがいも料理

フェンネルとせとかのサラダ

c0352095_15560529.jpg
フェンネルの優しい甘味と香り、シャキシャキの食感を楽しむサラダです。
3月から甘味が増した露地物のせとかが入荷しているので、今回の柑橘はせとかを合わせてみました。
オレンジ、グレープフルーツなどでも美味しくできます。


【フェンネルとせとかのサラダ】
フェンネル1/2株
せとか 小さめ 2個
良質なオリーブオイル 大さじ1
レモン果汁 大さじ1
メープルシロップ 小さじ1
塩 ひとつまみ

1、せとかは頭とお尻を切り落とし、皮を包丁で削ぐように切り落としたら一房サイズにカットする。
2、オリーブオイル大さじ1、レモンの果汁大さじ1、メープルシロップ小さじ1、塩ひとつまみをボウルにいれて泡立器でよく混ぜ合わせたら、ブラッドオレンジを加えざっと和えて冷蔵庫で最低20分ほどマリネする。
3、フェンネルは薄くスライスしさっと水にさらして、水気をしっかりふきとる。
4、器にフェンネルを盛りつけ、せとかのマリネを載せる。
5、あればフェンネルの葉をあしらう。






[PR]
# by ryokokotani | 2015-03-20 17:04 | 西洋野菜料理

えんどう豆とじゃがいものポタージュ

c0352095_15571602.jpg
待ち遠しい春野菜のひとつ、うすいえんどう。
豆ごはんも大好きですが、じゃが芋とも相性抜群♪
今回は【はるか】という品種の白く滑らかな食感のじゃが芋を使用しました。
えんどう豆の香りが消えないように、えんどう豆の加熱は後からします。

オリーブオイルはイタリアから空輸した【プエッラ】という品種のもので、えんどう豆の香りのするじゃが芋と相性のよいオイルを使用しました。スープに添えるとオリーブオイルの香りが一層引き立ち、まさに相性抜群です!
アクセントになるホワイトペッパーも外せません。


【えんどう豆とじゃがいものポタージュ 4人分】
うすいえんどう 1パック
じゃがいも 中サイズ 2個
玉ねぎ 中サイズ 1/2個
菜種油 大さじ1/2
水 適量
ベジタブルスープブイヨン 1/2
牛乳 適量
塩 少々
オリーブオイル 適量
ディル 少々
ホワイトペッパー 適量

1、うすいえんどうはさやから実をだしておく。
2、じゃが芋は皮をむいて一口大に切る。玉ねぎは薄くスライスする。
3、鍋に菜種油をひいて玉ねぎを炒めしんなりしたらじゃが芋を加えて炒める。
4、全体に油が絡まったら水をひたひたに入れて、じゃが芋が柔らかくなるまで煮る。
5、じゃが芋が柔らかくなったら、細かくした固形のスープブイヨンを加え、えんどう豆を加えて再度水がひたひたになるまで足し、5分ほど煮る。
6、粗熱がとれたらミキサーにかけ、鍋に戻し濃ければ水を足すなどの調節して、牛乳で伸ばす。
7、温まったら味見をして必要であれば塩を足す。
8、器に盛りオリーブオイルをかけてディルをのせ、ホワイトペッパーをかける。





[PR]
# by ryokokotani | 2015-03-20 17:03 | スープ料理

ミディトマトとメープルシロップとレモンのマリネ

c0352095_15553774.jpg
大阪、富田林の浅岡さんより味が濃厚でとっても美味しいミディトマトが一足早く入荷しました。
浅岡さんのミディトマトの特徴は糖度が13度以上と非常に高く、口にした瞬間に広がるゼリー質の食感がたまらなく美味しい、感動的な味のミディトマトです。
高糖度フルーツトマトにも負けない美味しさ!是非見つけたらお試しください♪

4月からは収穫量も増えて安定的に店頭に並びますが、3月中はまだ収量が少ないようで、入荷しない日も結構あります。何卒ご了承下さい。

そのままでも十分美味しいミディトマトですが、トマトの甘味と相性抜群のメープルシロップを使ってマリネにしました。
個人的に大好きな組み合わせです。ミニトマトやフルーツトマトでも美味しくできますよ♪

【ミディトマトとメプルシロップとレモンのマリネ 2〜3人分】
ミディトマト1パック
レモン汁大さじ2
メープルシロップ大さじ1
オリーブオイル大さじ2
レモンの皮のすりおろし1/8個分程度
塩 ひとつまみ
パセリ 少々

1、レモン汁、メープルシロップ、オリーブオイル、レモンの皮のすりおろし、塩ひとつまみをボウルで良く混ぜ合わせる。
2、ヘタをとり4等分に切ったミディトマトをボウルに加えてよく和えて刻んだパセリを加え冷蔵庫で1時間ほど味をなじませる。
※ミニトマトなら縦半分にカット、フルーツトマトなら8等分のくし切りなどにしてください。
※皮が固く張っている場合は湯むきするのがおすすめです。




[PR]
# by ryokokotani | 2015-03-20 17:01 | サラダ

春野菜のミモザサラダ フレンチマスタードのドレッシング

c0352095_15550977.jpg

春野菜が出そろい始めましたね!
肉厚なのに柔らかくてむしゃむしゃ食べれてしまう京都市伏見区のベテラン農家の辻さんの春レタスをベースに、クレソン、アスパラガス、スナップえんどう、紫色の茎に黄色い花がかわいい紅菜苔は生のままで、ミモザの花に見立てて卵の黄身を裏ごししたものをあしらったミモザサラダにしました♪

【春野菜のミモザサラダ フレンチマスタードのドレッシング 6人分】
玉レタス 6枚ほど
クレソン 1/2束
アスパラ 1P
紅菜苔 1P
スナップえんどう 1P
ゆで卵の黄身 3個分

【フレンチマスタードのドレッシング】
フレンチマスタード 小さじ2
レモン汁 大さじ2
オリーブオイル 大さじ2
メープルシロップ 小さじ1
塩 少々

1、玉レタスは洗って一口大にちぎって水気を切る。
2、クレソンは柔らかい葉のみを摘む。紅菜苔も花芽のある上半分を摘み取り使う。
 ※クレソンの茎はスープやチャーハンなどに、紅菜苔の茎は中華炒め物や茹でておひたしなどにお使いください。
3、アスパラの上半分はそのまま、下半分は皮をむいて茹でる。スナップえんどうも茹でてから筋を取り2つに分ける。
4、ドレッシングの材料をボウルでよく混ぜ合わせる。
5、器にレタスをしき、クレソン、アスパラ、スナップえんどう、紅菜苔を盛り、ドレッシングを回しかける。
6、ゆで卵は黄身のみを取り出しザルで裏ごししたものを真ん中に盛る。
  ※白身は裏ごししにくいので微塵切りにして使ってもいいです。使わない場合はマヨネーズと和えたサラダなどにお使いください。

 



[PR]
# by ryokokotani | 2015-03-20 17:00 | サラダ


京都市北区で生産者直送の個性豊かな野菜を販売する八百屋を夫婦で営んでいます。野菜料理の楽しさをお伝えするレシピブログです。


by ryokokotani

プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新の記事

出産のご報告としばらくブログ..
at 2015-06-27 11:35
初夏のオープンサンド
at 2015-05-07 23:32
えんどう豆とじゃがいものペースト
at 2015-04-15 18:23
ハイビスカスとエルダーフラワ..
at 2015-03-20 17:07
新玉ねぎとふきみそのチーズク..
at 2015-03-20 17:06

カテゴリ

全体
サラダ
じゃがいも料理
玉ねぎ料理
パスタ料理
果物料理
スープ料理
豆料理
西洋野菜料理
山野草料理
その他
未分類

ブログパーツ

ブログジャンル

料理・レシピ

以前の記事

2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月

検索

タグ

(4)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

画像一覧